ドラガリアロストは個人的に落ち着いてできる安定のゲームっぽい印象を持っていて事前登録していました。

でも既に配信開始されていたんですね(;・∀・)

気付いたら配信からもう3日も経ってます(T_T)

SNS見てたらもうクリアしましたって人までいるじゃないですか(^^;

いまさら遅いんですが、これからはじめるという人もいるかもしれないので書いておきます…。

スポンサーリンク

ドラガリアロストプレー開始の第一印象

想像通りというか、安心してプレーできるRPGという印象ですね。

 

ファミコン発売当時からというかゲームウォッチやトランプを作っていた頃から知っている任天堂のイメージもあるので、さすが任天堂は安定しているなーと思ってしまいます。

 

あーこれなら面白いゲームだろうなーってそう思わせてしまうところがさすがですね。

 

↑マイページで陽気な歌が流れながら歩いているところに現在保有しているキャラが話しかけるシーンなんて、何気ない感じなんですけど、こんな動きのあるマイページを良く考えるなーと感心してしまいました。

 

たぶんこういうところまで配慮できるゲームって作りがしっかりしているんじゃないのかなって期待してしまいます。

 

先が知りたくなる謎が深まるストーリー

ストーリーも奥が深そうです。

 

そもそも主人公が第七位王子って設定が想像の範囲を超えてます(笑)

 

第七位王子が王位継承権を持つとか、こらからいろんなもめごとが起きるに決まってるじゃないですか。

 

竜化のこともそうですが、オープニングから謎がありますし、徐々に王国の問題なども語られてきて引き込まれますね。

 

フィールド操作と戦闘方法

画面上のどこをスライドさせてもタップしても移動と攻撃が可能なので操作は単純ですね。

 

フィールドを歩いていきますが、通ったところが右上のマップに作られていくのでわかりやすいですね。

 

フィールド上では先頭のキャラだけを操作してその他のキャラは後についてきて戦ってくれます。

 

フィールド上には宝箱があったり仕掛けがあります。

 

この辺もフィールド移動が単調にならない仕組みになっています。

 

育成システムも豊富

ストーリーを進めていくと親切に説明が入ります。

 

キャラや装備の強化も行っていきます。

 

キャラは「武器」、「竜輝の護符」、「ドラゴン」の装備ができてそれぞれ強化できますね。

 

わからないことがあれば

「メニュー」から下の方の「ドラガリのはじめかた!」を読んでみるといいですね。

ゲーム中に気になる点が4コマまんが形式で簡単にわかりやすく説明されています。

 

こういうところも親切な作りだと感じます。

 

まとめ

生れてはじめて出会ったゲームが任天堂製品だったということでひいき目でみてしまっているかもしれませんが、ゲームはとても丁寧に作られている印象は受けています。

 

こういう安心してできる安定のゲームはどんどん改良を重ねて長続きして欲しいですね。

スポンサーリンク