前回INTLCはドイツで準優勝でした。

そして次回のINTLCはドイツで優勝できると考えました(^^)

そのためドイツ優勝後の次の大会後に備えてINTLC自チームの日本人選手を強化中です。

リーグ戦18位になりながらひたすらレベル上げて覚醒して進化してみました(^^;

スポンサーリンク

111年目INTLCドイツでの結果

またスクリーンショットを色々撮り忘れてましたが(^^;

INTLC決勝戦の相手はブラジルでした。

 

チーム戦力値はドイツ41231とブラジル40704

同じような力のチーム同士でしたが戦術が合っていて良かったですね(^^)

なんとか優勝です。

 

チーム編成のスクリーンショット撮るの忘れてしまいましたが、監督は「フィリップ」でフォーメーションコンボ「カナリア軍団」を使っていました。

自チームからドイツ代表に加えていたのはキーパーの「ケヴィン・トラップ」だけで、残りの選手は全てドイツを選択した時に始めから選択できるメンバーだけでした。

初期メンバーを代表レベル上げて勝たせただけと言っていいです(^^;

代表レベルは48くらいだったと思います。

バウアー

↑バウアーをスカウトしてみました。

「組立CBV」、特徴「ドイツの栄光」あり。

 

これでINTLC優勝2か国目となりました。

あと1回優勝でミッション達成ですね。

 

3か国目は日本で優勝を目指そうと思っていますが、現在の自チームの日本人選手の状況は↓のような感じです。

 

自チームの日本人選手の戦力と編成

残念ですが☆5はなし(^^;

 

フォーメーションコンボに必要な「カバーリング」の選手がチーム初期メンバーの☆1「杉本恭平」しかいなかったので進化させて☆2に上げています。

 

必要なのかはわからないですが☆2の「吉田麻也」をスカウトして☆3に進化させました。

 

あとはLSBの鉄壁SBもいなかったのでRSB適任の「酒井高徳」選手をLSBの位置に配置してしまっているので本来の能力は発揮できていません(^^;

 

そこで貴重な「覚醒特別コーチレベル2」を使って2段階覚醒させています。

 

キーパーもなるべく強化しておきたかったので☆4の「中村航輔」を2段階覚醒させておきました。

 

まとめ

そろそろ覚醒特別コーチレベル2の数が足りなくなってくるのでこれ以上の☆4選手の2段階の覚醒は厳しそうですね(^^;

 

でもこの戦力だとまだINTLC優勝は厳しいそう(>人<;)

 

あとはそれぞれの選手がレベル上がって、「高原直泰」が移籍特訓から戻ってきた後にどのくらいの強さになっているかですね。

 

まだWCCが2年間あるのでその間にもう少し強くなっているでしょう(^^)

スポンサーリンク