159年目までのプレーの結果記事(⇒【サカつくRTW】クラシックリーグ優勝はまぐれだったのか?その後の攻略状況・157~159年目シーズン)の中で159年目に勝てなくなった原因を考えていました。

スタメンの「ヴィバル」を「S・エンゾンジ」に変更したことが原因ではないか?と考えましたが、入れ替えたことで何が悪かったのか?戦力が落ちたことが原因か連携が落ちたことが原因か。

ちょっと軽く検証してみました。

160年目はそのまま「S・エンゾンジ」を続けてみて161年目は「S・エンゾンジ」に変更してそれぞれの年の結果を比べるということです。

スポンサーリンク

 

160年目シーズン試合結果

結果は3位ですがやっぱり勝点低かったです。

 

159年目結果

159年目も勝ち点少なくて似たような結果でした。

 

厳密な検証にはなりませんが、スキル習得などはしていないので、自然にレベルがあがったくらいしか159年目と160年目、そして161年目に違いはありません。

 

「S・エンゾンジ」はシーズン始めに「ヴィバル」の戦力値を超えていたので、試合結果が悪かった理由は戦力が落ちたためではないということがこの結果から予想できます

 

161年目シーズンの試合結果

161年目シーズンも3位でした。

 

でも勝点を比べてみると160年目よりも良い結果です。

 

↑この優勝したときに近い結果です。

 

こうやって結果を比べてみると戦力値が低い「ヴィバル」をスタメンとして編成した時の方が「S・エンゾンジ」をスタメンにしたときよりも結果が良いということになりました。

 

単純な比較ですけどね(^-^;

 

まとめ

あまり細かいことを調べるのは苦手なので厳密な検証はしていません。

 

ただ、160年目と161年目はレベルが上がった選手がいたこと以外は特に変更は加えていないので「ヴィバル」をスタメンとして起用した方が成績が良かったといえるのではないかと思います。

 

そして、なぜ「ヴィバル」の方が試合結果が良くなったのかを考えてみると

 

戦力値では「S・エンゾンジ」の方が上なので、違いは連携力かなと想像しました。

 

以前も書きましたが、細かいスキルとか比べていないで単純に数字だけで考えているので本当のところはわかりません。

 

でもここまでの単純な結果からすると、連携が試合結果に影響していそうです。

 

そうだとするとこのまま「S・エンゾンジ」を使っていて連携が上がってくれば勝ちが増えてくるということですよ。

 

ということで162年目以降は「S・エンゾンジ」を使って連携を強化していこうと思います(^^)

 

今回の予想が正しいとするとやっぱり連携も大事ですね。

スポンサーリンク